求人広告で見かける応募者に至れり尽くせりの待遇における問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ここ数年は、求職者有利の状況が続いている。仕事を探す側の人にとっては喜ばしい状況だが、人を雇い入れる方の会社側は苦労するということである。そういった状況もあって、人を集める会社側はいろいろな取り組みを行っている。とはいっても、全体的に見れば「金銭面」でのエサのぶら下げが多いように感じる。筆者は採用担当なので余計に目に余ることがあるが、実際これからもずっとそんな取り組みが続くとはなかなか考え付かない。むしろどこかで破綻がおきるのではないかと懸念している。

本当に仕事探しの面で楽できるのだろうか

筆者は愛知県在住なので愛知労働局がまとめている数字を見て欲しい。

出典:愛知労働局HP

原数値と季節調整値と2つのグラフがあるが、基本的には季節調整値で見ていけばいいだろう。直近で1.94倍(2019年8月実績)、単純な理解で求職者1人あたりで1.94件の仕事があると思えばいい。

年次で比較しても年々数値が上がっているのがすぐに分かる。新卒採用に関しても同様の傾向と言えるだろう。こうしてみれば、仕事を探すことが楽になってきていると思われがちだが、実際は決してそうとは言えないところもある。

中間管理職(候補)や間接部門、ハイクラス求人案件はまだまだ採用は狭き門だ。大手企業に入るのもまだまだ狭き門だと言える。

至れり尽くせりの仕事募集は魅力があるのだろうか

派遣会社の求人数が大きく伸びている。求人誌を開いたり、求人サイトを見ても嫌というほどの多数の案件が出てくる。

リンク元:タウンワーク

各社いろいろな規定があるにせよ、就職が決まるだけで祝い金という名の現金がもらえる仕事が、愛知県という狭い領域の中だけでも、2,639件もあるというのだから驚く。

バブル期の新卒採用と同じなのかもしれない。筆者の時代よりももっと前だが、当時は内定や内々定だけで海外旅行に連れてってもらえるみたいなことを聞いたことがある。

祝い金といっても2、3万円のものから50万といった破格のものまで広いレンジがある。

スポンサーリンク

他にも、今すぐにでも会社が保有する社員寮に入れるとか、履歴書いらないから面接に来てくださいとか、給料の前払いが可能、日払い給与システムがある、車を借りられるなど、応募者の手間を取らせない取り組みもたくさん見かける。

会社側がここまでしなければいけないことに少し驚きというか寂しさみたいなものを感じたり、就職観というか仕事をする前提条件みたいなものが大きく崩れ落ちるが、ある意味、企業努力なのかもしれないと最近は思うようにしている。

いつか終わりを迎える時が来るだろうと思っている

リーマンショックなどのような出来事があり、仕事が減ればこういったことも自然と姿を消していくのだろう。

そう考えれば、仕事を探す人というのは好景気の時も不景気の時も、景気や仕事に流される運命みたいなものを背負っているのかもしれないとつくづく思う。

いろいろな面でコストがかかり、売り上げや利益の確保が難しい中、いつまでも背伸びをし続けることは困難だ。とくに派遣業界においては、派遣社員1人あたりの利益額はそれほど高くないため、どこからこうした祝金などの経費を捻出しているのか疑問にも思う。

きちんと求人広告のカラクリ的なものを見抜いてほしいと思う

求人広告においては、当然発行元のメディア会社も厳しい目線でチェックしている。それはハローワークの求人票も同様である。

数年前にとある会社(たち)が誇大広告を出して、実態がないと判断された経緯もある。出す方も出す方だが、応募する人の目線でも疑いの目で見て欲しい。

祝金については「規定あり」と小さく表記している広告ばかりだが、それだけの金額をもらうのであれば当然、条件があるということである。会社側も利益確保のために、ほいほいと全員に支払うわけではないことも少し考えれば分かるだろう。

そういう美味しいメリットはどの広告も目立つように表記されている。時給でもそうだが、だいたいの案件には幅が持たせてあるのが一般的だ。

リンク元:タウンワーク

例えば「※日払い有!(規定)」は支払曜日の規定だったり、出勤欠勤の状況、上限額などの何かの規定があるということである。

次に「時給1300円~1700円」は詳細を見てみないと分からないが、案件や働く場所によって時給が異なるというのもあるが、中には残業手当や深夜割増手当を含めている場合がある。だいたいの会社が25%アップだろうから、例えば「時給1000円~1250円」という場合はまさしくそれである。

そして「時給950円以上」という場合は、残念ながら時給は950円であることがほぼ全てだろう。

そんな目線で見ると求人広告も少し面白いものである。きちんと見抜いて、ご自身に合ったお仕事が見つかれば幸いだ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク