運動器官の中枢にあたるところのケガほど主治医選びが何よりも重要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

筆者は7年も前に脊椎の大けがをした。腰椎の破裂骨折というもので、将来の影響も考えて手術を受けた。全身麻酔を経験したのは、この時が初めてということになるのだが、改めて思ったのは主治医の存在の大きさである。休日の事故でケガをしたのだが、市内にある病院がいくつかある中で、その当時の受け持ちの病院がそこで、たまたま運ばれたとは言ってもやはり信頼できる主治医に出会えるか運も大事だなと感じた。

正式な診断は第一腰椎破裂骨折(L1)

洛和会音羽病院HPより引用

筆者は通ったことはないが、京都にある洛和会音羽病院のホームページに掲載されていた図が一番分かりやすくて引用させてもらった。

腰椎はlumber spineと書くようだが、頭文字の「L」、1番目から5番目まであり、筆者は1番目を骨折したので、「第一腰椎(L1)破裂骨折」というのが医学的な正式名称らしい。脊椎は人間の歩行や動きにとても重要なことくらい今まで散々知らされてきたが、こうしてケガをすると、なおさらその重要性が嫌というほど分かる。

7年前に手術、その1年後に抜釘済み

2回の手術を受けて、主治医からは完治という扱いをもらっている。その時の年齢や損傷の程度によって手術を受けずに終生を迎えるケースもあるようだが、破裂骨折であれば基本的には積極療法と言って手術を勧められるケースが多いようだ。

こうしてレントゲンを見てみると70kgを超える体をこの脊椎をしならせながら、支えたり動かしたりしているのだから、人間の体の進化というかメカニズムは本当にすごいと思う。と、同時にまだまだ続くと思われる人生なので、あちこち体も労わりながら生活しなければいけないなとつくづく思う。

スポンサーリンク

7年後の現在は後遺症はないが油断は大敵

7年経過した今、筆者本人が思い当たる後遺症はない。もちろん、腰が痛むことはあるが、実際のところ、もともとの腰痛に起因するものなのか、それとも事故に起因するものなのかは分からない。

ただ、今回別の件で病院にかかってX線検査を受けたが、ドクターの見解としては骨折して手術した箇所は非常に綺麗に修復されており、全く問題がないということだった。

牛乳や魚などのカルシウムを積極的に摂取したり、運動や日常生活では大きな負担を掛けないように気を付けたいものである。

どれだけ主治医に信頼を寄せられるか

術前の不安も、術後の不安や焦りは誰しも持ちうるもの。名医の診察を受けたいと思っても、希望者全員が叶うわけではないし、叶えようと思うと金銭面でも時間の面でもたくさんの負担が出てくる。

また、ネットや口コミだけで判別が出来ないものでもある。そこに書かれていない口コミなんていくらでもあるし、実績や肩書だけで分からないものである。結局は、どれだけその主治医の言っていることやこれからのことを信じることが出来るかということになってくるのではないだろうか。

筆者はいつも通い慣れた土地で事故に遭ったとは言っても、その土地で病院にかかったことは一度もない。その主治医のことなど知る由もなかった。たまたま運ばれた病院に、その診療科に、そのドクターが在籍していただけなのであるが本当に幸運だったと思っている。

入院患者や口コミには悪いことは書かれていない。しかし、ネットで脊椎関係の名医で調べてもヒットすることはなかった。手術をする場所が場所だけに、悩んだこともあったが、これだけ患者の信頼が厚い人であれば大丈夫だろうと思ってお任せすることにした。

当時

ふくしま整形外科(三重県鈴鹿市

結果として、7年経った今でも後遺症なく過ごせているのは、福島達樹先生のおかげだと思っている。本当に感謝しかない。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク