一般的な家庭の大半は、妻が家計を管理しているものだというアンケート結果を見たことがある。もちろん、例外もあるだろうが家計を握られている方は限られた小遣いの範囲内で生活をしていかなければならない。小遣いを上げるには、ある意味で賃上げともとれるような妻への労使交渉がベースだが妻の立場からしたら、ない袖は振れぬ。給与も上がりづらい労働環境の中で何をしたらいいか考えてみた。

続きを読む