タイヤ

自転車のスリックタイヤはパターンのあるタイヤよりひび割れしやすいのかもしれない

自動車にしても、自転車にしても、タイヤのゴムというものは少なからず劣化するものだろう。日頃、ガレージや室内保管ではないので余計に劣化のスピードが早いのは当然だろう。筆者の自転車も例外ではなく劣化が見られるが、一体どこまで耐えれるのだろうか。今のところは問題なさそうだが、果たして。

続きを読む

素人でも応急処置ができると感じたチューブラータイヤのシーラント注入

先日、ロードバイクのチューブラータイヤをパンクさせてしまった。まだ、新品に交換して間がなかったこともあり、通勤仕様として使うサラリーマンには再度新品を投入することが非常にもったいなく感じた。何とかならないかなと思い、せっかくだったので自力でパンクを修理しようと思って奮闘してみた。

続きを読む

スポーツ自転車タイヤのサイドウォールに発生したクラックについて

念願のスリックタイヤとしてSCHWALBEブランドのKOJAKを選択した。タイヤ交換をしてこれで700km近く走行した。先日、ボトルケージの取り付けをした時に、ちょうどいい機会だということで久々にフレームを掃除していたら、気が付いてしまった。タイヤのサイドウォールにクラックが見つかったのだ。見た目の印象としては、自動車などでも長年履き続けているタイヤに発生するクラックのようだった。タイヤ自体のクラックは決して珍しくはないと思うが、原因は何で、そのまま履いていても大丈夫なのか不安にもなる。

続きを読む

KENDAとSCHWALBEの2ブランドのタイヤを乗り比べてみた

SCHWALBEとKENDA

先日、パンクに便乗してタイヤ交換を決行してみた。もともと付いていたタイヤはKENDAで具体的な銘柄が書かれていない純正標準タイヤ。そして、今回履き替えたタイヤはシュワルベのコジャック。見た目から重そうなブロックパターンありのタイヤからフルスリックに替えたのだが、素人なりに伝わってきた情報を書き記すことにした。もともと、ペダルの漕ぎだしが重たくて、スリックに替えたかったのだが、結果としてはどうだったのか。

続きを読む
スポンサーリンク