最近、話題のindeedは採用成功させたい会社にとって有益なのか

最近、コマーシャルでよく見かける『 indeed 』。仕事を探す人側も、採用をする会社側も、少なくともCMを見たり、インディードという名前くらいは聞いたことがあるのではないだろうか。両方経験したことがある立場の者として、少し書いておきたい。ただ、筆者は基本的には採用をする側の立場の人間なので、ボリュームとしては会社側の視点の色の方が濃くなるが了解頂きたい。ちなみにindeedはネット上のあらゆる求人情報をまとめた、「まとめサイト」だと考えてもらっていい。

続きを読む

MASSLOADのボトルケージのカラーリングが似合っていて驚いた

先日、クロスバイクのボトルケージを交換して以来、初めて通勤で使用した。すっかり自分のボトルのカラーリングのことを忘れていたが、セットしてみるととても似合っていることが分かった。これなら一旦、同じカラーで統一してもいいかなって思えた。自転車置き場のカオスは相変わらずひどい状態だ。いつ、どこで、どんなアクシデントに遭うか分からないが、この強度であれば子ども自転車のアタックがあってもきっと乗り切ってくれるだろうと思う。

続きを読む

採用が上手くいかないのに何も変えなければ上手くいくはずがない

日頃、採用コンサルタント的な仕事をしていて、採用が上手くいかないことに対する相談を担当者から受けることがしばしばある。一体何が原因で「採用」が上手くいかないのか分からないとのこと。学生時代に経済学の中で、需要と供給という話を聞いたことがあるが、結局双方のバランスが取れていないから上手くいかないのだと筆者は思っている。どんな物事についても言えることだが、最初から上手く事が運ぶ、事がずっと上手く運ぶなんてことはないだろう。たまには思い切って、トライ&エラーが必要なのかもしれない。

続きを読む

ちょっとだけ興味があってロードバイクというものに跨ってみた

先日、ブレーキの件で相談に行ったときに、お店で展示してあるロードバイクを発見。跨ることができるように展示してあって、筆者も少し興味本位でサドルに腰を下ろしてみた。ロードバイクと聞くだけで、コテコテのスポーツバイクで乗り心地はどうなんだろうと気になっていたが、案外普通に座ることができた。とは言っても、実際に走ってはいないので全部を体験したわけではない。確かに、「もの」は高いが近い将来、こういった選択肢もありなのかなと思いを馳せてみた。

続きを読む

スポーツ自転車用タイヤのサイドウォールのクラックについて

念願のスリックタイヤとしてSCHWALBEブランドのKOJAKを選択した。タイヤ交換をしてこれで700km近く走行した。先日、ボトルケージの取り付けをした時に、ちょうどいい機会だということで久々にフレームを掃除していたら、気が付いてしまった。タイヤのサイドウォールにクラックが見つかったのだ。見た目の印象としては、長年履き続けているタイヤに発生するクラックのようだった。タイヤ自体のクラックは決して珍しくはないと思うが、原因は何で、そのまま履いていても大丈夫なのか不安にもなる。

続きを読む
スポンサーリンク