PROMAXのブレーキはプアではないが、これが1番評価の高いShimanoのブレーキだったら結果は変わっていたかもしれない

ブレーキ

通勤途中の道で雨に降られ、なんとか会社に到着するもチャオの様子が若干おかしい。おそらくホイールとブレーキ周りが雨に濡れてしまったせいで、ブレーキをかけた時の「鳴き」が発生してしまったのだ。例えは悪いが、ママチャリに乗るおばちゃんがブレーキをかけた時の音と同じなのだ。キィーーーッ、という不快な音が周囲に響き渡るも制動力はいまいち。ブレーキは乾燥すれば元通りになると思って、しばらくの間がまんしていた。

続きを読む

CATEYEのVOLT200の性能は初心者サイクリストには十分

今回クロスバイクを買う際に、必要備品として薦められたパーツがいくつかある。フロントライト、リアライト(赤)、サイドスタンド、空気入れ、そしてヘルメット。筆者は、しばらく経ってからヘルメットを購入した。また、サイクルコンピュータも含めて、一通り購入した。それらのパーツの中で、今回はフロントライトに焦点を当ててみたい。ちなみに装備品は安全に関わるものが基本となる。新しく購入を検討されている方、追加で持ちたいと考えている方の参考になれば幸いだ。

続きを読む

KENDAとSCHWALBEの2ブランドのタイヤを乗り比べてみた

SCHWALBEとKENDA

先日、パンクに便乗してタイヤ交換を決行してみた。もともと付いていたタイヤはKENDAの銘柄が書かれていないタイヤ。そして、今回履き替えたタイヤはシュワルベ コジャック。見た目から重そうなブロックパターンありのタイヤからフルスリックに替えたのだが、素人なりに伝わってきた情報を書き記すことにした。もともと、ペダルの漕ぎだしが重たくて、スリックに替えたかったのだが、結果としてはどうだったのか。

続きを読む

タイヤ交換の大義名分はないがスリックタイヤに交換してみた

KENDAタイヤ

やっぱりスリックだとか、細いタイヤの方が見栄えがよくて、ずっとタイヤを交換をしたいと思っていたもののきっかけがない。不謹慎な言い方かもしれないが、そろそろマイカーを替えたいと思っている人が軽い事故や車検をきっかけに買い替えるのと同じような感覚だと思っている。あえて言っておくが、わざとパンクさせたわけではない。たまたまのアクシデントだったのだ。また、パンクする時というのは、とてもあっけなくて、釘を踏んでしまった記憶など一切ないものなのだということもよく分かった。

続きを読む

思い切ってクロスバイクのタイヤをスリックタイヤに変更してみた

カートタイヤ

小さいころから大好きだったレーシングゲーム。テレビでモータースポーツなんかも時々観ていたが、そこで目にしていたのはツルツルのレーシングタイヤ。スリックタイヤと呼ばれるタイヤこそが最速なんだと思ってきた。ただ、日常生活ではまず見ることがなく、サーキットに行かないとお目にかかれない。自転車は別として、公道ではスリックタイヤを履くことは法的に禁止されている。スリックを履く場所はサーキットということになるのだが、非日常的な場所だからこその高揚感や雰囲気も相まって、余計にテンションが上がるものだ。

続きを読む
スポンサーリンク