採用コンサルタント

いくらリクルートでも紙メディアの運営は課題山積なのかもしれない

30代以上の人であれば、聞いたことがあるだろう「リーマンショック」。リーマンショック以降は求人市況も着実に良い方向に転じてきたと言える。良い方向とは言っても、あくまでも求職者の視点での話にはなるので、企業側にとってはずっと厳しい状況が続いている。求人広告の会社が売上を上げ、利益確保してきたのは、求人広告の掲載依頼をする立場の人間として肌で感じてきた。

続きを読む

採用担当目線でindeedの凄さと魅力みたいなものを考えてみた

ここ最近はTVコマーシャルも定着してきて違和感は感じなくなってきた。しいて言えばキャストが少し変わった時に、あれ?と思う程度だろう。indeedというサイト自体は海外から日本にやってきたものだと聞いている。まさに、求人業界の黒船来襲といった感じではないだろうか。海外のものを、上手く日本仕様にモディファイして、根付かせてきたが、一度振り返って考えてみた。

続きを読む

求人広告で見かける応募者に至れり尽くせりの待遇における問題

ここ数年は、求職者有利の状況が続いている。仕事を探す側の人にとっては喜ばしい状況だが、人を雇い入れる方の会社側は苦労するということである。そういった状況もあって、人を集める会社側はいろいろな取り組みを行っている。とはいっても、全体的に見れば「金銭面」でのエサのぶら下げが多いように感じる。筆者は採用担当なので余計に目に余ることがあるが、実際これからもずっとそんな取り組みが続くとはなかなか考え付かない。むしろどこかで破綻がおきるのではないかと懸念している。

続きを読む

オウンドメディア求人における長所と短所を考えてみた

先日、今後の求人市場における主流はオウンドメディアになっていくであろうという意見を記事にした。まだまだ「普通のメディア」が圧倒的に強く、オウンドメディア求人を用いたからと言って、いきなり劇的な結果が得られたり、大成功が約束されているわけではない。オウンドはオウンドで長所も短所もあるので、上手く使っていかなければならないだろう。いろいろ迷っている採用担当者の方に対する羅針盤的な存在になればいいと思い、書かせてもらった。

続きを読む

ある日、突然発生したindeedにおける掲載除外措置への対策内容

indeed

今までオウンド求人メディアだったり、indeedの必要性を書いてきたが、先日ある出来事が発生してしまった。外部の人間にとって、まだまだindeedのアルゴリズムは謎が多く、理解できない。大手広告会社の営業担当の人でも把握できていない。謎ばかりが多いと、そもそもそれに対する対策があるかどうか分からないが、定説だと言われていることを、筆者の備忘録を兼ねて書いておきたい。

続きを読む
スポンサーリンク